John Derian

身の回りに置くものの好みについて、2者択一でいうならモダンよりアンティークやビンテージ派だ。ただしキッチン道具に限っては、収納と使い勝手の良さ、すっきりスリークなデザインを求める断然モダン派。

ひとむかし前の人の手によって創られたもののほうが、ちょっとしたディテールのこだわりやニュアンスのあるもの、要するに作り手の愛情がひしひしと伝わるものが圧倒的に多いのが惹かれる理油。ただ、古いものには元の持ち主の色々な何かが残っていたり、木製や布製のものには虫ももれなくついてきたりするので、旅行先などでふいに気に入ったものに出会っても、実際に自宅に持ち帰る確率は低い。

ということで今回は久々に好きなもの紹介シリーズです。John Derian。このブランドが展開するものは全体的にどことなくアンティーク調。手作りにこだわっているのもポイント高い。中でもとりわけ筆者が好きなのは絵入りの小物たち。不思議の国のアリス原作イラストの世界に通ずるダークさを秘め、またケイト・グリーナウェイの絵の精巧さを併せ持つ独特の趣がある絵は、抑えた色づかいのセンスといい、筆者好みドツボなのだ。

alice-in-wonderland-276452_1280

Screen Shot 2020-07-15 at 18.33.55
ケイト・グリーナウェイが挿絵を手がけた絵本『ハーメルンの笛吹』

John Derianの品物は自分へのご褒美としてはもちろん、手作りで丁寧に仕上げられているので大切な方へのちょっとした贈り物にも最適。

62EDD432-C4F1-42D1-AE2E-5D35CA806559
ジュエリーの一時容れ物として愛用している猫の絵の飾り皿

これまでの愛用品紹介シリーズ:

<日中のうだるような暑さがまだ残る気だるい夏の夕暮れには、アルコール分低めの飲み物と共にこの曲を> Etta James – I’d Rathe Go Blind

John Derian

One Reply to “John Derian”

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.