ニューヨークでいま話題のフードコート The Deco

久々にニューヨークの旬な話題をお届けします。マンハッタンに2019年12月末オープンしたばかりのフードコートThe Deco。ミッドタウン・ウエストのガーメント/ファッション・ディストリクトと呼ばれるエリアに新たなマンハッタン名所が誕生した。

春から年末にかけての週末は、渋滞を避けて午前中のなるべく早い時間帯に夫が小一時間ほど愛車を走らせるのに付き合ってから、近所のパン屋で朝食を済ませる。だが冬のあいだ、車は郊外の個人宅ガレージを借りて冬眠させている。近所のガレージは月々数百ドルの料金に加え、夫の車はExotic Carとして分類され、料金をさらにウン百ドルも上乗せされる。クイーンズ奥地あたりなら、Studioアパートを余裕で借りることが可能な駐車場料金を毎月支払っているのだ。マンハッタンでの駐車場経営はさぞ儲かることであろう。雪が降ると道路に大量に撒かれる塩が車を傷めるので、どちらにしろ冬は運転できないこともあり、ポルちゃん(と私が呼ぶ車)には毎年冬眠してもらう。個人宅のガレージならば、冬眠中のバッテリーチャージに必須な電気コンセントを利用できることも利点だ。

そんなわけで我が家の冬の週末は時間的な余裕が生じる。先週末の朝はぶらぶら歩いてThe Decoへ。今年はどうやら暖冬のようで、その日はジャージ素材のワイドパンツにタンクトップ、ライダーズ・ジャケットとカシミアの大判ストールだけでも少し汗ばむほどの小春日和であった。

Screen Shot 2020-01-16 at 17.28.00Screen Shot 2020-01-16 at 17.28.20華やかな内装のフードコート

Food Court/フードコートとは、屋台形式の様々な料理店が一箇所に集まった場所。マンハッタンには数え切れぬほどフードコートが存在する。既存のフードコートでは、特にこれといったこだわりはなく、ありきたりなメニューが提供される。ピザやパスタ、サンドイッチ、焼きそばやチャーハン、ごはんにおかずがかけられただけの皿など安い中華料理に代表される、いわゆるアメリカ人にとってのコンフォート・フード。仕事中のランチなどにお腹を膨らませることを第一の目的とし、食や時間を楽しむ場所ではない、というのが既存の一般的なフード・コートのイメージだ。だがThe Decoは違う。若く美しく、いかにも頭の切れそうな風貌の中国系アメリカ人の女性経営者は、そういった今までのフードコートとは一線を画する場所をつくりたかったとインタビューで明言している。インテリアのコンセプトは、深いブルーとアンティーク調の落ち着いたゴールドを基調にしたArt Deco。巷に溢れるフードコートの内装のような、ベニア板に色のついたプラスチック板が被せてあるものを組み立てたカウンターや、座り心地もビジュアルも雑な椅子など、暗く悲しい気分になってしまうような、おざなりな大量生産の家具は一切置かれていない。かわりに大理石のサイドテーブルや、私達がリラックスし過ぎてつい長居してしまった二人は腰掛けられそうな幅の椅子など、なるほど、The Decoはたしかにこだわりが見え隠れすることに加え、さぞお金もかかったことであろう。お金がかかっていなくても楽しめる物事は世の中に存在する。だけど、服や家具、車、住む場所、音響機材など、お金がかかっているものには、やはりそれだけの違いがあることは否めない。わたしたちが一生懸命勉学に励んだり働いたりするのは、好きなことをして生きたいということももちろんあるが、なにはともあれ、いいものに囲まれる生活環境の気分の良さを味わうため、というのが本音ではないだろうか。目まぐるしい毎日を過ごすニューヨーカー達。ほんの少しの時間でも気分が華やぐような場所で過ごしたいと思うのは私だけではないはずだ。そんなふうに頑張って生きている私たちを労わる思いに溢れたThe Deco。IMG_2162

食にもこだわったThe Deco

The Decoはもちろん食にもこだわっている。軽食のフレンチ、鶏の丸焼き専門店のイタリアン、中国の地方料理、めずらしいところではブラジル、アフガニスタン、ハワイアンとバラエティ豊か。The Decoについての記事を読んだ当時、ハワイアンの店Huli Huli(ヒュリ・ヒュリ)特製パイナップル・ソフトクリームをいち早く試したかったのだが、この日は朝食に訪れたので、ソフトクリームまで手が回らず。この日は、フレンチのカフェ『マドモワゼル』からコーヒー、アーモンド・クロワッサン、カヌレを、また中華の『Little Tong』から餅米ハッシュブラウンなるものを注文する。どれも満足する美味しさだが、中華の餅米ハッシュブラウンは、朝食には少し重たいかもしれない。その日の午後は胃のあたりがすっきりしない感につきまとわれた。

IMG_2147
フレンチカフェ、マドモワゼルのCondiment Bar。ミルクの入れ物まで細部にいたるこだわりよう。
IMG_2151
いつもながら、寝起きしなで寝癖を直す暇もなくてもさっと着替えて外出に応じてくれる素直で優しい夫。後ろに見えるのは、間も無くオープン予定のバー。フードコートにあるので、女性一人でも気軽に一杯飲みに立ち寄れそうな雰囲気。

The Deco おすすめです。ちかいうちに再訪し、ぜひともパイナップル・ソフトクリームを堪能したい。

<本日の1曲> Thom Yorke – A Brain in a Bottle (Tomorrows Modern Boxes version)

2 Replies to “ニューヨークでいま話題のフードコート The Deco”

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.