大西洋を超えてきたネコ ASTIER de VILLATTEアスティエ ド ヴィラット

「君好みの、いちばん凛々しい顔しているのを選んできた」

昨年末、相方に連れられ我が家にやってきた猫は、ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)セツコ・コレクションのひとつで、お香焚きにもなる置物。

IMG_1359
克明に表現された丸まった背中から首すじにかけてのラインに、猫に愛情を注ぐ作り手の情熱をひしひしと感じる
IMG_1372
『5. 上部を被せ、穏やかに喫煙させてあげます』と書かれた説明書が微笑ましい

アスティエ・ド・ヴィラットは、パリにアトリエとブティックを構える陶器メーカー。黒い土を土台に白い釉薬をかけた独特の風合いが魅力だ。

セツコ・コレクションの想像主は、かのピカソも「20世紀最後の巨匠」と讃えた天才画家、故バルテュスの奥方である節子・クロソフスカ=ド=ローラ伯爵夫人。着物を華麗に着こなし、気品があり、たおやかで美しいお花のような女性。

夫人が上智大学外国語学部フランス語学科に在学中の20歳の時、来日中だったバルテュスと出会い、1967年に結婚。

バルテュスは、当時フランスで初代文化相を務めていたアンドレ・マルローより、パリの展覧会のために日本の伝統的な芸術作品を選ぶ仕事を任されており、日本に派遣されていた。

 

はるばると大西洋を超え我が家へやって来た猫は、今日もゆったりと煙をくゆらせながら真っ直ぐに前を見つめている。

その視線の先には、生まれ故郷パリの情景が写し出されているのかもしれない。

IMG_1371

ASTIER de VILLATTE

日本国内で品揃えが豊富なのは、ここと、こちら

<本日の1曲>

Ben E King – Stand by Me

One Reply to “大西洋を超えてきたネコ ASTIER de VILLATTEアスティエ ド ヴィラット”

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.